読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mixi engineer blog

ミクシィ・グループで、実際に開発に携わっているエンジニア達が執筆している公式ブログです。様々なサービスの開発や運用を行っていく際に得た技術情報から採用情報まで、有益な情報を幅広く取り扱っています。

「Web2.0中の人ナイト」に行ってきました。

findjob mixi neta ODF Perl staff

はじめまして。07年入社エンジニアのあまやんです。

今日はmixi Engineer's Blog初(?)、弊社エンジニアの社外での活動レポートをお届けしてみたいと思います。

会場入口

去る3月29日、東京・お台場の「東京カルチャーカルチャー」にて、ウェブ業界の若手社員たちによる交流イベント、その名も「Web2.0 中の人ナイト」が開催され、弊社からは「オンラインコーヒーメーカー 萌香」でお馴染みのきょろと私あまやんが出演しました。



イベントには「cookpad」「livedoor」「楽天」「@nifty」「GREE」「Yahoo!」といった大手サイトの「中の人」が勢ぞろい。

普段なかなか表に出てくることの少ない作り手の顔を知ってもらおう!ということで、お互いの仕事場環境や、各自が取り組んでいる本業以外のものづくり(弊社ではOne Day Free(ODF)制度)の内容についてショートプレゼンを行いました。



会場の様子。客席はレストランも兼ねていて、食事やお酒を楽しみながらイベントを楽しめる素敵な場所でした。

会場内部の風景



弊社きょろのプレゼン。

きょろ、プレゼン中。

話題はやっぱりコーヒーメーカー。

コーヒーメーカーのシステムを説明するきょろ

オンラインコーヒーメーカー「萌香」、実はテレビCM(風の動画)まで作ってしまったのです。このイベントにて初のお披露目となりました。

キャラクターボイスを担当されているのは、声優の永井真衣さんです。


オンラインコーヒーメーカー「萌香」CM


ニコニコ動画のアカウントをお持ちの方はこちらからどうぞ(H.264/高画質)

併せて会場では「萌香」の実機と、きょろが学生時代に開発した割り箸製(!)の「どこでもペンタブレット」を展示。興味津々な来場者の皆さんと会話する彼は本当に幸せそうでした。

「萌香」の実機展示

「萌香」と「どこでもペンタブレット」を説明するきょろ

他社の皆さんのプレゼンは、さらに多彩で新鮮なものばかり!

livedoorの佐孝さん。「作っちゃいましたメソッド」といって、エンジニアが仕事以外に趣味で作った試作品が、実サービスへ採用されることが多いのだそうです。

livedoor 佐孝さん

Yahoo!の吉田さん。Hack Dayという、3日間の社内Hackathonにて、iPhoneカメラを用いたOCR翻訳ソフト「翻訳ルーペ」を開発されたそうです。

Yahoo! 吉田さん

@niftyの森藤さん。社内で繰り返しなされることの多い事項のチェックリストを共有できるサービスを開発。いまや「イタリア旅行」や「燻製の作り方」といったプライベートな項目にまでどんどん情報がアップされているそうです。

@nifty 森藤さん

ユーモアに富みながらも、細かいところまでコミュニケーションデザインがなされたアプリケーションたち。

遊ぶときも本気って、こういうことを言うのでしょうか・・・!

このバイタリティと想像力が、日々私たちの暮らしに楽しみを生むサービスを作り出す原動力になっているんだな、と強く感じることしきりでした。



ショートプレゼンのあとは、各社メンバー集合によるパネルディスカッションでした。

全員集合でのパネルトーク

「うれしかったユーザーさんは?」「サービスの予想外の使われ方」など、ウェブでご飯を食べている人ならではのナマの声が沢山。私自身、壇上に立ちながらも、他の出演者のみなさんの洞察豊かな発言にビリビリしっぱなしでした。

「何百万人と見るレシピを、あなたの母親が作ってWebに公開する時代。情報は誰にでも発信することが出来るということがWeb2.0なのではないか」

「Webに2.0も3.0もなくて、Webの進化によってみんなの生活が豊かになっていくということが大事なんだと思う」

すべては、リアルなこの世界を楽しく過ごしていくために。

ネット上に「場」を作り出していく「中の人」たちの情熱にひたすら元気をもらい、ウェブでご飯を食べていくということはどういうことなのだろう、ということを深く考えさせられた1日でした。

バーチャル世界であるウェブをきっかけに、こうしてリアルなイベントという形でアウトプットをするということ自体新鮮で、とても刺激になりました。今後も積極的にこのような機会を設けていければと思います。

ご来場いただきました皆様、本当に有難うございました!