読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mixi engineer blog

ミクシィ・グループで、実際に開発に携わっているエンジニア達が執筆している公式ブログです。様々なサービスの開発や運用を行っていく際に得た技術情報から採用情報まで、有益な情報を幅広く取り扱っています。

mixi Hackathonにぜひご参加ください!

OpenSocial platform

こんにちは。よういちろう です。

来る2月18日に「mixi Hackathon」を開催いたします。翔泳社主催のイベント「Developers Summit」と同じ会場で、裏番組的に行います。

mixi Graph APIで作ろう! mixi Hackathon
https://careerzine.jp/seminar/mixi/01

今回のHackathonのテーマは、「mixi Graph API」です。このAPI群は、昨年12月20日に個人の開発者の方々にも利用していただくことができるようになりました。現在でもこのAPIの整備は日々行われていて、今後続々と新しいAPIが追加されていきます。今のラインナップは、以下のような感じです。

  • People API: ユーザ情報や友人関係を取得できます。
  • People lookup API: メールアドレスから友人を探すことができます。
  • Groups API: 各ユーザが作成したグループの一覧を取得できます。
  • Voice API: mixiボイスの投稿やつぶやき一覧取得などができます。
  • Photo API: mixiフォトに写真をアップしたり友人のアルバムにアクセスするなどが可能です。
  • Message API: 1対1のメッセージをAPIから送信し、受信箱にアクセスできます。
  • Check API: mixiチェックの投稿を行うことができます。

昨年にリリースされた「mixi公式Androidアプリ」は、上記のAPIを使ったアプリの開発例です。最近よく「裏で独自のAPIとか叩いているんでしょ?」とか聞かれますが、本当に皆さんがお使いになることができるAPIだけを使って作ったものなんです。誰でも、公式アプリのようなものを作ることができますし、もちろん僕らが思いも寄らないアプリを皆さんが開発することも大いに期待できます。

当日は、mixiを支えるエンジニアがチューターとして皆さんの開発をサポートいたします。公式アプリを開発したエンジニアや、各APIを実際に実装したエンジニアも、もちろん参加します。加えて、もしAndroidアプリの開発を行う方がいらっしゃることを考えて、Androidに非常に詳しい方もチューターとして当日参加いただくことになっていますので、どんどん質問をぶつけながらアプリ開発を進めることができるでしょう。

Hackathonは、一人で開発するのではなく、複数人でチームを作って開発を行います。他のメンバーがどういった開発ツールを使い、どういった調べ方をし、そしてどのようにメンバーと関わっていくか、そういった共同開発ならではのノウハウも勉強することができるでしょう。これは非常に大きな財産になりますし、過去には「Hackathonでのチームで継続して今でも開発を進めています」という話も聞いたりしますので、そういった出会いも楽しみですね(下の写真は過去に行ったHackathonの一風景です)。

Hackathon当日の最後には、成果発表がチーム毎に行われます。そして、参加者からの投票が行われ、最も注目されたチームには「素敵な賞品」が贈られます。ミクシィ社からはもちろん、他の賞ももしかしたらあるかもしれません!

より詳しい背景などは、下記の記事をご覧になっていただければと思います。下記記事では「スマートフォン」について触れていますが、もちろんHackathon当日の縛りは「mixi Graph APIを何らか使っていること」のみですので、自由な発想でアプリを開発していただければと思っています。

ミクシィハッカソン@デブサミが開催決定!テーマは今後スマホでの利用拡大が期待される「mixi Graph API」
http://codezine.jp/article/detail/5632

参加応募は、下記のエントリフォームから行ってください。では、当日会場でお会いできるのを楽しみにしております!

https://careerzine.jp/seminar/mixi/01