mixi engineer blog

ミクシィ・グループで、実際に開発に携わっているエンジニア達が執筆している公式ブログです。様々なサービスの開発や運用を行っていく際に得た技術情報から採用情報まで、有益な情報を幅広く取り扱っています。

新卒研修の受講レポート~git編~

はじめに

はじめまして、2017年新卒エンジニアの親川と玄馬です。 本記事では、git研修でおこなった内容や得た学びについて紹介したいと思います。

そもそもgitとは何なのか、という方は以下のサイトを参考にしてください。

Gitを使ったバージョン管理【Gitの基本】 | サルでもわかるGit入門 〜バージョン管理を使いこなそう〜 | どこでもプロジェクト管理バックログ

研修の様子

前半は、先輩社員による座学形式の研修でした。gitを楽しく学ぼう、ということで内容は

  • gitの使い方

  • commitとbranchについての解説

  • 歴史の取り込み方(merge, rebase)

となっていました。 研修で使用した資料は以下のページで見ることができます。

すごいGit楽しく学ぼう // Speaker Deck

gitの使い方ではリポジトリの作り方から、変更のステージング方法、commit・pushの操作、branchの操作を学びました。
操作だけでなく、commitやbranchはどういったデータ構造で表現されているかを知ることができ、この後に学ぶmerge操作の理解における大きな助けとなりました。
歴史の取り込み方の学習として、merge操作でのオプションによる動作の違いを学びました。
後半は演習として、gitを使う上で起こるトラブルを解決する「git challenge」の過去問に挑戦しました。問題は難易度別に分けて出題されるので、自分のレベルにあったものから解答することができました。
前半で学んだ操作を使いつつ、理解不足な情報は調べたり先輩社員や同期に質問して各自のペースで進めていきました。

f:id:mixi_engineers:20170828132541j:plain

ちなみに実際のgit challengeは、gitに関する問題にチームで挑戦し、時間内にいくつ解けるか!…という弊社主催の学生向けの技術イベントです。(第5回大会では4時間で18問に挑戦したそうです。)

問題の解き進め方

git challengeは、1問ごとに、以下のような流れで進めていきます。

  1. 問題のリポジトリをclone

  2. 問題の指示通りの状態になるようにリポジトリを修正

  3. push

すると、採点サーバで自動的に問題の正誤が判定され、全体のランキングページで結果を閲覧できるようになります。
「pushが出来ない」という同僚を助けるようなシチュエーションや、そもそもcloneすらできないリポジトリもあり、様々な問題に対して解決案を模索していきます。
最後まで解けないような難しい問題もありましたが、終了後に解説をしてもらえたので非常に勉強になりました。

ちなみに、git challengeの問題の解き方だけでなく、自動採点などのインフラの話が気になる方は、以下のブログを是非読んでみてください。

git challengeの自動採点高速化に向けたインフラのハナシ - mixi engineer blog

得た学び

今回の研修でcommitについての理解を深めることができました。ここでは、commitについて学んだことを紹介したいと思います。

皆さんはgitの仕組みについて、どのように理解しているでしょうか?
私は、「変更があった差分情報を時系列に保存し、いつでも過去の状況に戻れる」といった大まかな理解しかしていませんでした。
git研修が始まり、commitが持つ「Revision」という値が、gitの仕組みを理解する上で重要だということに気づきました。
commitの大まかなデータ構造は、以下の通りです。

commitのデータ構造

Revision commitのSHA-1ハッシュ
Tree ファイルのスナップショット
Parent ひとつ前のcommitのRevision
Author commitを作成した人
Committer commitを適用した人

Revisionとは、commitに対応する以下のようなハッシュ値です。
6fe9db43763ded8bbfd0b428894baa9bfc0b7d42
gitの操作をする上で、このRevisionは多くの場所で登場します。

commitのデータ構造の中にも、Parentという値にひとつ前のcommitのRevisionが入っています。
ひとつ前のcommit、そのひとつ前のcommit・・・と辿って行くことで、一番最初のcommitまで見ることができます。

branchのデータ構造にもRevisionが登場します。
私はbranchについて、枝を伸ばす・枝を分けるといったイメージを持っていました。しかしbranchの正体は、あるcommitのRevisionを指すポインタのようなものでした。
branchが指しているRevisionを新しいcommitのRevisionに変更することで、枝が伸びる・枝が分かれるような処理を実現しています。
意外と単純な仕組みだと思いませんか?これを知って、私はgitの仕組みの理解がしやすくなりました。

普段gitを使う際に、私はこれらのことをそれほど意識せずに使っていました。
しかし、データ構造や実際に行なわれる処理といった仕様を知ることで、branchやmergeについて曖昧だった部分も理解しやすくなります。
そういった理解ができていることで、gitで困った時の対応力が大きく改善されると実感しました。

おわりに

今まではgitのコマンドの機能や実行結果を把握している程度でしたが、改めて詳細な仕様を知り、実際に行われている処理を考えながらgitを使えるようになりました。
この記事を見て、gitに興味を持った方は、ぜひgit challengeにご参加下さい!
また、git challengeの概要や今までの様子などがまとまっている以下のページもぜひご覧ください。

mixi GROUP presents「git challenge」

問題の一部は以下に公開されていますので、興味がある学生の方は挑戦してみてはいかがでしょうか?
第1回git challengeの出題内容を一部公開します - mixi engineer blog